• 独楽プロフィール
  • メンバー紹介
  • 演奏履歴

独楽プロフィール

独楽プロフィール

2001年、植木陽史(うえきようじ)を中心に和楽器をこよなく愛する者たちが心をひとつに関西を拠点として 「和楽器演奏集団 独楽(こま)」を結成。和太鼓だけではなく 津軽三味線・琴・尺八・篠笛・唄などを加え、今までにない独楽独自の世界観を造り上げて来た。
2002年に旗揚げ公演を成功させ その後全国ツアーを展開し、2005年からは サウジアラビア、アルジェリア、エチオピア、中国、フランス などへの海外進出も果たした。
2012年 結成10周年を迎えた。

しかし彼等は決して満足することはなく、今この瞬間も和楽器の魅力 そして日本人であることのすばらしさを伝え歩いている。


独楽(こま)とは?

「独楽」とは 幼い頃に誰もが手にして遊んだ玩具の「こま」を漢字で書き表し それをグループ名といたしました。
漢字がもつ意味どおり 演奏者と観客の皆様 独りひとりが楽しむ事によりひとつの演奏空間を創って行きたいという願いが込められています。

「こま」をまわして遊んでいた頃のどこか懐かしい土の匂いがするようなあたたかさを「独楽」の舞台のどこかで感じて頂けたらと願っております。