• 独楽プロフィール
  • メンバー紹介
  • 演奏履歴

メンバー紹介

植木陽史(うえきようじ) 和太鼓・津軽三味線

NoPhoto

1977年香川県観音寺市で生まれる。 3年間、和太鼓集団「鬼太鼓座」の一員として修行。在籍中は、述べ1年間6,000kmに及ぶ中国大陸マラソンツアーを達成。 2001年3月、自分自身が目指す舞台を創るために退座。同年4月より、日本民謡京極流の門を叩き、津軽三味線・日本民謡の勉強を始める。 翌年の2002年1月に和楽器演奏集団「独楽」を結成。現在は独楽の活動以外にも和楽器だけにこだわらず様々なジャンルのアーティストたちとの共演も数多く行っている。


川口真満(かわぐちまみ) 箏

NoPhoto

6歳より生田流箏曲を学びNHK邦楽オーディションに3回連続合格。 「鬼太鼓座」に8年間箏奏者としてゲスト出演し、200カ所以上の海外公演を経験する。2001年には名フィルとの演奏でソリストを務める。現在は地元名古屋を拠点に、モダンバレエや洋楽器との共演、Jazzにも挑戦している。


京極由加(きょうごくゆか) 津軽三味線・唄

NoPhoto

父・京極利則(日本民謡京極流家元)の影響を受け、津軽三味線を学ぶ。 1994年全国津軽三味線大会・団体の部で優勝。同年師範代取得。 全国津軽三味線東京大会にて、2004年より3年連続入賞。 現在は独楽の活動以外に、姉弟子である京極あつ子と共に女性津軽三味線ユニット「来世楽(ラセラ)」としても活動中。


大升 陽一郎(おおます よういちろう) 篠笛・獅子舞

NoPhoto

岡山県出身。京都在住。
幼少の頃から地元の獅子舞や備中神楽を見て育つ。
二〇〇九年より二年間、古式を伝える獅子舞の巡業に従事し、民俗芸能の役割を肌で実感する。
その後、独楽に入団。
篠笛や和太鼓といった日本の伝統楽器の魅力を広めながら、人の気配を感じさせない聖獣としての獅子の舞を表現すべく、日々精進している。


谷口武芳(たにぐち たけよし) 和太鼓・篠笛

NoPhoto

栃木県宇都宮市生まれ。高校の部活動をきっかけに和太鼓と出会う。和太鼓篠笛奏者・天野宣氏に師事、山梨県にて修行を積む。
2007年に帰郷しソロ活動に挑戦する。帰郷後には横笛奏者・狩野嘉宏氏と出会い師事。新しいソロスタイルを追求し、自身で制作をしたデジタルサウンドとの同期演奏に取り組む。
和太鼓・篠笛の他に、洋楽器や電子機器を組み合わせ、和太鼓と現代の音を結ぶ新たな音楽表現に挑み公演を重ねている。
また、作編曲家としても活動。独楽には2010年より参加している。



原口朋丈(はらぐちともたけ) 和太鼓・篠笛

NoPhoto

1978年静岡で生まれる。 地元の「麻機太鼓保存会」にて和太鼓に打ち込み「鬼太鼓座」に入座。日本・中国・欧州ツアーなどに参加。退座後、静岡にて和楽器演奏DUO「僖響(ききょう)」を結成。2002年に 独楽に合流し、現在はソロプレイヤーとしても様々な形で、幅広い活動を行っている。


瀧川佳宏(たきがわよしひろ) 和太鼓・尺八

NoPhoto

1980年栃木県佐野市で生まれる。 父親が代表を務める津軽三味線や八木節を中心とした「喜美英会(きみひでかい)」の影響を受け、幼い頃から邦楽に親しみ高校を卒業と同時に「鬼太鼓座」に入座。 退座後、独楽のメンバーとなり、現在は地元栃木を拠点とし活動中である。。